2008年10月08日

ドラクエ2の思い出


ddqq001.jpg


なんとなく携帯でドラクエ2はじめました。

今、サマルトリアの王子がぶっ倒れたところ。
こんなイベントあったっけ?
ファミコン以来20年ぶりの2、中盤以降の展開なんて
全然覚えてないや・・・(汗)




・・・ってなわけで、


「早くもゲームライフ復活したんかい!」


・・・等々のツッコミ、甘んじてお受け致します(笑)






携帯でゲームするのは実は今回が初めて。
きっかけは前々回紹介したレゴのミニジオラマ。
あれを作ってて無性にドラクエの旧作をプレーしたく
なって初のモバイル版ダウンロードに至りました。


ドラクエ1が発売された1986年、小6だった僕は
ファミコン全盛の真只中を謳歌してました。
しかし、当時未知だったRPGというジャンルには
全く興味がなく、1をプレーしたのも発売から
しばらく経ってからのこと。

あれは確か、年齢の離れたパソコン好きの兄貴がいる
同級生から奨められてだったと記憶してます。


世間の流れに添うように僕も見事にハマりましたね♪

それから間もなく2の発売がアナウンスされ、クラスの
男子の間ではその話題一本で持ち切りになりました。
僕も胸踊らせた一人ですが、あの頃はそうそう簡単に
ソフトを買ってもらえず、一応ダメもとで親に
頼み込んだんですけどアッサリ玉砕されました(笑)


そして迎えた1987年1月26日(月)。
どこの玩具売場も予約でいっぱい!とのウワサが
飛び交う中、2が発売されました。

朝、登校するとクラスのある生徒を皆が囲んで
何かワイワイ話していました。
中心にいたのは、父親が医者、母親がピアニスト
というセレブな家庭環境の一人っ子・和田くん。
(以下あだ名のワダッチョで)

「今日、母さんがデパートでドラクエ2
 買っといてくれるんだ♪
 帰ったらすぐ遊べるんだよね〜」

皆はその自慢話に目を輝かせてましたが、
自分に全く利益のない話に興味がなかった僕は
たいして喰いつかなかったんです。

その態度が逆にワダッチョを刺激したようで

「タカくん、帰りに僕んち寄るかい?」

と声をかけられました。

結局、放課後、僕の他にもう一人加えて
ワダッチョを筆頭になんの因果か3人パーティで
『DQ2見学ツアー』と相成ったわけです(笑)


和田家に着くとテーブルに、天満屋の包装紙に
包まれた小箱ひとつ。

せっかく見に来たんで早いとこプレーしてくれ!
というこちらの思いとは裏腹に、やれ手を洗えだの
服のホコリを外で払ってきてくれだの
「何かの実験でも始めるんですか?!」ってほど
突然口うるさくなり出し惜しみするワダッチョ。

やっと包装紙が解かれ、目の前に現れた輝かしい
ロゴとパッケージイラストに感動する3人。


その最中、ワダッチョが不敵な笑みでひと言



「箱から出すのは明日にしよっと♪」





・・・そんな甘酸っぱい思い出いっぱいの
ドラクエ2を今楽しんでおります(笑)
 
 
 
posted by MAK at 12:49| Comment(4) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしいですね…。
私のそのころは、シャープのX1というパソコンが家にあってザナドゥ、YsというRPGゲームをやってましたが、肝心のファミコンがなかったので友人との話はずれまくりでした(汗)

今考えると、中流の家なのによくコンピュータを買ったなぁ、と思います。
親としては英才教育のつもりだったようですが、ゲームをした思い出しかないや(^_^;

携帯アプリのゲームは前にFF2をやってましたが、目が極度に疲労するので、私には性に合わないようです…。
Posted by ぐんま at 2008年10月09日 01:06
>ぐんまさん
ザナドゥ、イース懐かしいですね〜♪
ウチは逆にファミコンしかなかったんで
友人宅のパソコンでよく遊ばせてもらってました。
『大戦略』とかも朝から晩まで延々やったの覚えてます。
当時は大半がCPUの思考時間に費やされてましたが
苦にすることもなく画面に張りついてましたよ(笑)

実はドラクエ2落とすとき、FF2とどっちにしようか
1時間くらい迷いました(笑)
確かに携帯ゲームは目に優しいとは言えないですよね。
僕も1回のプレーは短時間に抑えてます。
Posted by タカ at 2008年10月09日 13:41
いいブログですね。応援してますのでどんどん更新してください。僕のブログは気悪くするかもしれないので、あまりおすすめできませんが。また見に来ますね。
Posted by 新川すぐる at 2008年10月10日 00:47
>新川すぐるさん
ありがとうございます♪
自分の文才の無さには時々呆れてしまいますが
また読んでいただけると光栄です。
Posted by タカ at 2008年10月10日 08:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。