2009年02月19日

カルカソンヌ拡張 〜修道院と市長〜


shic01.jpg



少しずつテーブルゲームが増えて、それぞれに
魅力あふれる作品ばかりなんですが、
初期に購入したチケット・トゥ・ライドや
カルカソンヌはやはり非常に安定した面白さで
プレーの度に名作と呼ばれる所以を実感します。


で、今回は名作にひと花そえる追加セット

『カルカソンヌ拡張 〜修道院と市長〜』を紹介。








カルカソンヌは、シンプルな構成と簡単なルールの
おかげか非常にたくさんの追加セットが出てます。



shic02.jpg



その中から『修道院と市長』をセレクトした理由は
カワイイ木製コマがたくさん入ってたから(笑)


まずは、このセットで追加される地形タイル12枚。



shic03.jpg



都市と都市が立体交差してたり、都市の中に
トンネルがあって道が貫通してたりと得点に影響
するトリッキーな地形が楽しいです♪


そしてタイトルにもなってる『修道院』。



shic04.jpg



これは見てのとおり地形タイルの一種ですが、
プレー開始時に各プレーヤーに1枚ずつ配られます。

つまり裏返したタイル山の中から引くのではなく
ゲーム中、各プレーヤーが任意のタイミングで
一度だけ配置することができるのです。



shic05.jpg



ただし、これには配置条件があって“周囲4マスを
囲まれた穴”の状態の場所にしか置けません。

この条件さえクリアしていれば周囲の地形に関係なく
置くことができるので、結果として周囲の都市や道が
有無を言わさず完成してしまうこともあります。

修道院タイルは得点上は『教会』と同様の扱いなので、
ここにコマを配置した場合は周囲8マスが埋まることで
ポイントが得られます。



続いて、僕の物欲を魅了した木製コマいろいろ♪



shic06.jpg



『市長』と『車』が6色、各1個ずつ。

シンプルながらシンボリックな造型が秀逸。
ドイツゲームの木製コマはホント素敵ですね♪



shic07.jpg



『市長』は、普通のコマの代わりに都市に
配置することができます。

市長を置いたからといって得点がアップする
わけではなく、この都市が他のプレーヤーと
取り合いになったときに都市内の紋章(盾マーク)
の数が多いほど市長が有利になるというもの。

う〜ん、意外と地味な役割の市長さん・・・
まだウチでは都市の取り合いになることがあまり
ないので、効果的に使えたことはないです(汗)



shic08.jpg



一方、『車』はけっこう面白い追加要素で、
配置するとこまでは普通のコマと同様なんですが
その地形が完成して得点が発生したあと、
隣接する“未完成の地形に移動”できるのです。
(都市、道、教会、修道院のみ。草原は不可)

通常、コマはタイルを配置したときにしか
置けないので、車コマを上手く利用すれば
あちこち移動してポイントを稼げるわけです♪




そして、最後の追加要素が『大農場』。



shic09.jpg



これも6色、各1個ずつ入ってます。

大農場コマもタイルを引いたときに配置する
コマですが、置ける場所は・・・



shic10.jpg



“4枚の地形タイルの交点”&“交点の周囲が草原”

つまり交点になる角が都市の一部だったりすると
置けません。かなり限定されてきます。


草原に置かれた普通のコマは本来、ゲーム終了まで
そこから動くことはありませんが、この大農場が
置かれると、同じ草原エリアに置かれてるコマは全て
“その時点での得点計算をして即時撤去”されます。

つまり、コマを置いた草原を拡げてゲーム終了時の
高得点を狙ってたプレーヤーは夢半ばで頓挫・・・

大農場コマの方はゲーム終了まで動くことはなく、
最後の得点計算でエリア内の都市から“4ポイント”
ずつ獲得することができます。




思ったより色々な追加要素が入っててお得でした♪

別に全ての要素を入れてプレーする必要もないので
プレーするメンバーによってアレンジしたり、
気分を変えて遊びたいときに重宝してます。

その辺りの柔軟性はカルカソンヌならではですね。
 
 
posted by MAK at 17:08| Comment(2) | カード&ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
完成していくマップを見るだけで胸がときめくカルカソンヌはやっぱり面白そうですね!
追加キットや続編が多彩なのも頷けます。

今記事では、車と大農場がビジュアル的にもゲーム性にも楽しそうです。
ルールに導入すれば、今までとは違った戦略が生まれてくるのでしょうね。
Posted by ぐんま at 2009年02月22日 00:48
>ぐんまさん
ただでさえ魅力あふれるカルカソンヌ、こんなに追加キットが
出てると“コレクション欲”がウズウズと・・・(汗)

おっしゃるとおり、車と大農場は見た目にも感覚的にも
新鮮なプレーが楽しめますよ♪
2人からでも充分楽しめる内容が嬉しいです♪
 
Posted by タカ at 2009年02月23日 08:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。