2007年06月26日

熱く濃厚な30分

ddatt00.jpg

予定どおり昨日届いておりました♪
XBOX360アジア版『Colin McRae DIRT』

深夜、娘と嫁さんが寝静まったのを確認し、いざ!


・・・ところが、昨夜はえらく蒸し暑くて、
360と液晶テレビ、その他AV機器が同居する
我が家の居間の室温はどんどん上昇・・(汗々)

こりゃかなわん!ってことで待望のラリードライブも
約30分で降車・・・ イヤな季節になってきたな〜。





ddatt03.jpg

なので、いつもどおり軽く触った感想を。

まず目に止まったのが、非常に洗練された
相当かっこいいインターフェイスデザイン。
これもう常々言ってますが日本も見習って下さいね!
映像モノ全般に言えますが、世界的なレベルとの差が
年々激しくなってる印象。長いこと進歩がない状態。
がんばれ!日本!!


ddatt06.jpg

まず手始めに、たくさんのトラックでダートな
周回コースを激走するアメリカンなレースに挑戦。

ハナっから車体の汚れ具合がイイ感じ♪
ここはやはり大好きなドライバー視点でプレー!

ddatt05.jpg

・・・って、なんじゃ〜!? こりゃ〜!!

フロントウインドウを被う防護ネットと補強バーで
ひどい視界! その他内部機器で窮屈さ最高潮!

サ・・・ サイコーじゃないかーー♪♪

単純なプレーしやすさよりリアリティーを優先した
その姿勢がホントすばらしいですね!
(イヤならボンネット視点にだってできるし)

ddatt07.jpg

複数の車体がドカンドカンぶつかり合いながら
突っ走る迫力とドライバー視点の臨場感がスゴイです。

ddatt08.jpg

運転した感覚はFORZA2ほどリアルではないです。
FORZAはコントローラーから感じられる細かい
リアリティーがありましたが、このゲームの場合は
ビジュアル的な迫力優先。
操作感は比較的ゲームよりなので、アクセル全開で
ぶっ飛ばせ!って感じの気持ち良さがあります。

ddatt10.jpg

グラフィックは期待どおりハイレベルですが
ショボい部分も多々見えます。でも、その辺りは
TEST DRIVE同様、軽くボカシたりコントラスト
高めにしたりして上手に処理しています。
海外ゲームはこういう画作りが本当にウマいですね。


続きまして、本命のラリーも少々。

地面の質感もいいですが、とにかく植物がリアル。
いろんな種類の草木、要所に花まで咲いてたりして
レースゲームの背景としては緻密にして豪華絢爛。

ddatt11.jpg

このゲームにはリプレイ時などでのカメラモードは
実装されてません。リプレイ保存もできません。
リプレイ時にできるのは視点変更と早送り、巻戻し、
一時停止とスロー再生くらいです。

ddatt12.jpg

FORZA 2もTEST DRIVEも好きな所でストップして
アングルを自由にグリグリ移動できるカメラモードが
あったんで、思いどおりのカットが撮れたんですが
コイツはそうもいかないんで、限られたアングルでの
リプレイを追いながら何度も巻戻しては一時停止して
パシャ!の繰り返し。

ddatt14.jpg

効率は悪いですが、かなり迫力あるリプレイなだけに
かっこいいカットを探し求めるのは楽しい作業です♪

ddatt13.jpg


まだ最初の30分ってことで詳しくはこれから。
ただ、圧倒的な迫力と映像美、カッコ良さを
誇ることだけは開始直後すぐに実感!

僕が注文した通販サイトでは現在『再入荷待ち』。
他でも品薄みたいですね。 届いて良かった♪

あぁ〜、早く帰ってプレーしたいよ〜(笑)
posted by MAK at 15:16| Comment(0) | DIRT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。