2007年08月01日

Rayu Story ♯2. 麗由印

ryry01.jpg

帝都に辿り着いて早5日。
とりあえず商業地区にある宿屋に寝泊まりしてる。

帝都の雰囲気にも少しは慣れたけど、
まだまだ行ったことないエリアの方が多くて
ウワサ以上の街の大きさに驚きっぱなし。


ryry02.jpg

今まで田舎から一歩も出たことなかった私は、
帝都の事もこの世界の事も何も知らないから
日に一度は本屋さんへ行って立ち読み♪
(お金ないからね〜・・・(汗))

ryry03.jpg

昨日読んだ、魔術師ギルドの創設者ガレリオンの
生い立ちは面白かったな〜。
ますます魔術師ギルドに興味が沸いたわ。
なんにしてもまずギルドに入らなきゃね!

ryry04.jpg

他にも読みたい本はいっぱい・・・
でも買ってたらキリないし、そもそも宿屋暮らし
なんだから片づけるとこないのよね。
全部持って歩くわけにいかないし(笑)



田舎を出るとき少しは貯金持ってきたけど、
こんなの宿屋で暮らしてたらすぐ使い切っちゃう。

だから、ほんの少しかじった錬金術で薬を作り、
それをお店に卸して生活費の足しにすることに。

ryry06.jpg

野菜や果物、小麦粉なんかは街の中でも外でも
けっこうタダで手に入るから原価はゼロ♪
あとは乳棒と乳鉢ですり潰して混ぜるだけ!

トウモロコシ+小麦粉の超簡単レシピ
『麗由印穀物粉』完成!


ryry05.jpg

この調子で何種類か作って、少しでも高く買取って
くれる店を探して売り歩くの。
そういえば幼馴染みのタカくんは、高価買取り店を
探し歩くのが好きだったな。ま、どうでもいいけど。

ryry07.jpg

自分が作った薬が店頭に並ぶとちょっと嬉しい♪

私の錬金術の腕も上がるし一石二鳥なの。
お金ためて、もっと高度は錬金器具欲しいな〜。


こんな感じで1日が過ぎていく。

ryry08.jpg

今夜は宿のレストランで、本屋の前にお店を出してる
ソロニ−ルさん達と同席した。

ソロニ−ルさんはやたら気前が良くってお喋り上手、
商売の方も上手くいってるみたい。 
明日にでもお店のぞいてみようかな?

posted by MAK at 11:35| Comment(0) | OBLIVION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。