2007年12月17日

TOYOTA CAP

fffaaa000.jpg


昨夜の決勝『ACミラン×ボカ』面白かったですね♪

これまでの印象だと欧州代表チームは疲れきった
顔で日本までやってきて、勝敗云々より単なる
お祭り騒ぎのゲストって感じだったんですが、
昨夜の試合は、やっと大きな大会の決勝らしい内容が
観れたので大いに楽しめましたね。



事前に出場チームの情報を収集してなくて
全くノーチェックだったんですが、
3位決定戦で浦和に敗れたエトワール・サヘルの
FWシェルミティ(上写真)は非常にインパクトが
大きかったです。

聞けば、チュニジアの超新星だそうですね。
17歳でチュニジアU-21代表入りし、現在19歳で
すでにA代表に昇格。サッカー歴4年・・・


・・・4年?! じゃあ2年目でU-21代表?!


僕は24歳・草サッカー歴1年目でハットトリックを
やってのけた男ですが(笑)
それにしても、とんでもない19歳ですね〜!

スキルはもちろんプレーぶりも、すでに大物の
風格が漂ってて、惜しいシュートを放ったあと
激励に肩を組みにきた先輩チームメイトの腕を
「入らないと意味ないんだ!」とばかりに
振りほどき、敗戦のあとは号泣してました。

クラブ・代表共に監督はフランス人だし、
近々欧州クラブに渡る可能性は高いでしょうね。
ルックスもC.ロナウド似で人気出そうだし。




さて、ここからはゲームの話。


fffaaa001.jpg


試合を重ねるごとに面白さが増すFIFA 08。
先日、店頭でウイイレ2008を試遊する機会が
あったんで比較してみました。

ウイイレは相変わらず『気持ち良く』プレー
できますね。パスはポンポン繋がるし、
シュートもドカン!と豪快に打てて楽しいです♪

一方、FIFAはパス1本出すのも神経使います。
中途半端なパスは簡単にカットされてしまうし、
足元にピタリと納まらないので、トラップ時の
不安定な瞬間をつねに狙われています。


fffaaa002.jpg


受け手の周囲の状況をつぶさに把握しないと
パスが出せないのでシュートまで持っていく事
自体が難しいんです。


fffaaa004.jpg


動きもウイイレに比べて相当モッサリしてて
操作に独特の慣性が働くので、全力疾走で
むやみにプレスかけても行き過ぎて相手と
すれ違うだけ。

守備は、じっくりパスコースを遮りつつ
ディレイ(遅らせる)するのが基本なので
これまた神経をすり減らします(笑)


fffaaa005.jpg


要するに、サッカーの難しい部分をリアルに
再現してあるので、その分相手を崩して
ゴールできたときの喜びは、かなりのもの♪


fffaaa003.jpg



今週20日に、FIFA 08日本語版発売。

ウイイレがサッカーの『楽しい部分』を再現
してるのに対し、FIFAの方は前述したように
サッカーの『難しい部分』を再現してます。
そこに面白さを見い出せない限りストレスばかり
溜まるゲームだと思うのでオススメしません。

僕は、実際にサッカーをプレーしてるせいか
この『難しさ』が病みつきになってますけど♪


posted by MAK at 13:40| Comment(0) | サッカー/フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。