2008年01月22日

濃厚


addd000.jpg


カーリング・カップ ラウンド2
『フォレスト×ウェスト・ハム』

待望の英国上陸を果たした若き♯23は
移籍後まもなくのこの大一番で
左ウイングとして早くも先発出場。




まだまだ未成熟で荒削りながらも
その類い稀な身体能力で自由に
サイドを駆け回るフレディ・アドゥ。


addd001.jpg


大ベテラン・リュンベルグと相対することが
わかったときは不安もよぎったが、
走力と瞬発力を活かして前線から執拗に
プレッシャーをかけ、守備にも貢献。
リュンベルグにも決定的な仕事をさせない。


addd002.jpg


試合は、開始早々の7分、E・ジョンソンとの
ワンツーで抜け出したスピネージが難なく
ゴールを決めて先制。

その後、28分にもアランのクロスに飛び込んだ
スピネージが2点目を上げて前半終了。


addd003.jpg


プレミアトップチームを沈黙させた自信と
新鋭アドゥの想像以上のフィットもあって
最高の雰囲気で試合を折返したフォレスト。
若い選手達の談笑が聞こえてきそう♪

「このまま終わるのでは」という余裕が
僕の中にも間違いなくありました。



しかし後半8分、慢心から追加点を狙おうと
ほんの少しの間ボランチが攻め上がった
スペースをボア・モルテに突かれて
ミドルシュートを決められる。2-1。


「まだまだ大丈夫。ウチが支配する」


その思惑のとおりパスは回るものの
ペナルティーエリアに近づけない。

ウェスト・ハムが典型的なカウンター攻撃に
切り替えたことを何となくは理解していたものの
特に手を打たないまま迎えた後半30分。


addd004.jpg


サイドでボールを受けたベラミーは巧みな
切り返しでDFを交わし簡単に中央へ。
ほとんどドフリーで決められたシュートは
同点にされたこと以上に大きなショック・・・

そして、そのわずか4分後、ボールは敵陣へ
運ぶ間もなくセンターサークルで奪取され、
するどい縦パス1本!フォレストDFラインを
ボールと共に切り裂き、飛び出したのは
またしてもベラミー。2-3・・・


おそらく前半は全くといっていいほど
ボールに触ってないはずのベラミーが
突如、鮮やかに連続ゴールを奪った背景には
戦術の見直しがあったことは明白。

この変化に素早く対応しなければ簡単に
失点してしまうという現実さながらの
リアリティーに、しばし呆然としました。



addd005.jpg


ただ、時間はまだある。

策を改める余裕がない以上、現状で最も得点に
近づけるであろうサイド攻撃を繰り返し、
敵のほころびを待つことに。


addd006.jpg


そんな芸のない攻撃が、終了4分前にして
実を結ぶことになろうとは。

DFのわずかなスキをつき、クロスボールに
E・ジョンソンが飛び込んで同点ゴール!


ノックダウン方式のカップ戦は、そのまま
延長戦に突入。満身創痍のフォレスト・・・

ウェスト・ハム優勢の展開が動いたのは
延長後半5分。


addd007.jpg


試合開始から終始、DFを引っぱり出す黒子役に
徹していたFWアシュトンがここぞとばかりに
豪快な一撃を放つ!

こりゃもうダメだ・・・ いやいや、
格上相手によく頑張ったよ・・・


ゲームは完全に終わったという雰囲気が
ピッチ全体を包んでいたところに
「待った!」を入れたのは、すでに不動の
エースとなったE・ジョンソン。

相手の軽率なバックパスを見逃さず
スティールすると、そのままゴールに突進。
追い掛ける4人のDF陣は誰一人追いつけず、
ひとりきりで成すすべのないキーパー。


addd008.jpg


鳴り響くホイッスル。なんという展開。


『運』だけが勝敗の行方を左右していた
PK戦を制したのは、フォレスト。


addd009.jpg


とにかく、疲れました・・・(汗)

この濃厚さの前では1日1試合がやっと。
(ちなみにハーフ10分の設定でプレー)

しかも、ここ最近はゲームを始めても
戦術やスタメンを考え、変更を加えただけで
電源を落とすこともしばしば。


このゲームの中には紛れもなく
『サッカー』そのものが詰まってます♪
posted by MAK at 16:50| Comment(2) | FIFA 08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
FIFA08のカットも良いんでしょうが
やはりタカさんの才能というか
魅せますね。まさにドラマ。

オイラもFIFA08とうとう購入しましたが
技術が追いつかず結局埃をかぶってます...><
Posted by くま at 2008年01月29日 12:31
>くまさん
こちらこそご無沙汰しちゃって。

実際、FIFA 08はけっこう難しいゲームです。
僕もパスとシュートの基本操作で何とか試合に
なってますが、フェイント等それ以上の応用は
使いこなせていない現状・・・(汗)

CPUのディフェンスがホントにシビアで
イヤになることも度々あります。
そんなときは、ダメダメなときの日本代表を
思い浮かべながら頑張るのです!(笑)
Posted by タカ at 2008年01月29日 14:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。