2008年05月14日

Heaven and ground


tax0000.jpg


この街に来て、頻繁にタクシーに乗るようになった。

その黄色い車体は、街中いたる所を走ってるから
捕まえるのは容易だ。






tax0006.jpg


当然のことだが、行き先さえ指定すれば
どこへでも文句ひとつ言わず運んでくれる。

依頼のときはもちろん、友人や彼女との
待ち合わせには特に重宝する存在だ。


tax0001.jpg


仕事のときは自ら車を運転することが多いから
後部座席でゆっくり窓の外を眺めながらの移動は
リラックスできる貴重な時間なのかもしれない。


tax0002.jpg







先日、ある友人からクルージングの招待を受けた。


heri01.jpg


ヘリに乗るのは初めてじゃなかったが、空から見た
この街の密度に、俺は驚きを隠せなかった。


heri02.jpg


やっかいな依頼で駆け回った道路や殺されかけた
倉庫を上から眺めてると、それらがたいした出来事では
なかったかのように思えるから不思議だ。


heri03.jpg


何もかもが小っぽけな装飾にしか見えない。




heri00.jpg


だが、この無数の光輝く夜景も
タクシーから見る雑多な風景も
同じリバティシティの現実だ。


そして、俺の現実は、これからもしばらく
地上の殺伐とした世界が舞台だ。

posted by MAK at 16:48| Comment(0) | GTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。