2008年06月02日

クアトロ・フゴーネス


spapa0001.jpg


いろいろ計画はあったんですが、結局スペインで
『Captain Your Country』モード本番開始!


早くも今週末に開幕が迫った現実のEURO 2008、
僕の優勝予想はスペインだったりします。

クアトロ・フゴーネスとは『4人の創造者』
シルバ、セスク、イニエスタ、シャビの
今や代表に欠かせない中盤4人を指した呼称。

一番面白いサッカーを魅せてくれそうです♪




こう書くと、ゲームもこの4人で始めたのか
と聞かれるとそうではなくて・・・


前回イングランドを使用してのテストプレーで
いろいろわかったこと。

○選んだ4人はつねに先発&途中交代ナシ
 (当然といえば当然ですが・・・)

○B代表時は4人以外のメンバーも変更不可

○A代表入りすると4人以外のメンバーに限り
 先発をプレーヤーの任意に変更可能。


つまり、中盤の4人を不動にしてしまうと
A代表ゲーム時のメンバー変更の自由度が減り
面白味がないかもと考えて

操作:ダビド・シルバ
CPU1:セスク・ファブレガス
CPU2:セルヒオ・ラモス
CPU3:フェルナンド・トーレス

としてみました。

シルバを選んだのは、左サイドハーフ以外に
右サイドやセカンドトップでもイケるから。
やはりいろんなポジションでプレーできた方が
楽しいし、飽きがきません。

他3人はFW、MF、DFの3エリアでおそらく
外せないだろう定番メンバーをチョイス。



spapa0002.jpg


B初戦はモンテネグロとのテストマッチ。

トーレスの相棒がボージャン! 面白い♪
マルコス・セナは完全にボランチ適正ですが
替えられないから仕方ないか・・・



spapa0003.jpg


試合前から予感はあったんですが、右SBの
ラモスにボールが渡る機会が少なく、結果
評価点が上がりにくい(汗)



spapa0004.jpg


全然似てないのが悲しいシルバ・・・おデコが(泣)

プレーの方は、スペインらしくポジションを
自由に変更しながら攻めれて楽しい♪

トーレスが左に流れたスペースに切れ込んで
いったり、セスクとのワンツーで突破したり。


そんな中、やはり合わなかったのかキレのない
プレーを繰り返してた右MFセナを見兼ねて
ついにラモスがオーバーラップ!

僕シルバ、すかさずファーサイドに走り込み
「パスくれ!」ボタンをプッシュ!

美しい軌道を描いたクロスボールが
狂いなくシルバ目がけて飛んでくる!!






spapa0005.jpg


シューーート!!



・・・したのは、間に飛び込んできたセスク(笑)


スペイン先制! ナイスプレー♪ さすがセスク!


と素直に喜べない僕シルバ・・・


それにしてもこのゲーム、本当にチームによって
対戦したときの感触がバラバラです。
モンテネグロはトップ2人以外を完全に引かせた
カウンタータイプ。
トーレスにボールが入らないし、中盤もプレスが
きつくて自慢のパス回しが機能しにくい。
ある意味クロスからの得点は利に叶ってるかも。




spapa0006.jpg


なんて分析してたら、わかりきったカウンターに
思いっきり崩されるスペイン最終ライン・・・

あっさり同点に(汗)


この辺りはすべてCPUまかせなのが、もどかしい
ところですが、ここまで何試合かプレーしてきて
今のところ萎えるほどバカなプレーもないので、
ストレスなく自分のポジションに集中できてます。

逆に僕のプレーが足引っぱってるかもと思う
場面の方がチラホラ(笑)



spapa0007.jpg


後半はラモスのオーバーラップの回数も
ある程度増えましたが、やはり評価点は低め。
トーレスも現実の代表と同じく、あまりイイとこ
なかったなぁ・・・

中盤は単純にボールに絡むプレーが多いぶん
評価点もコントロールしやすい印象。
多少下がっても挽回しやすいですね。



ちなみに今回は史実通りの予選グループ分けで
スタートしています。
現実で予想外の活躍を見せた北アイルランドとの
対戦が非常に楽しみ♪

そして、はたしてイングランドが予選突破の
ifを達成できるかも注目ですね。
posted by MAK at 12:04| Comment(0) | EURO 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。