2006年07月04日

中田

あれは確か・・・日韓ワールドカップのとき
コンビニで売ってたスポーツ新聞の見出しに
大きく『中田』の文字を見つけて手に取ったら
『中日』だったことがありました。
・・・スミマセン、それだけです。

引退しちゃいましたね。
中田のことをよく知ってるわけじゃないですが
この引き際に『中田スタイル』を感じます。
全盛期に辞めるカッコ良さとかじゃなくて
周囲とのギャップとかいろんなシガラミが
あったんだろうなぁと。

現に今回のW杯期間中つねに中田とその他の選手との
温度差の大きさを感じずにはいられませんでした。
僕は以前記事の中で中田のことを
『ひとりでサッカーやってんじゃないんだから』と
書きましたが、今思えば彼はひとりで戦ってたんですね。
もっと中田に近いモチベーションの選手が数人でもいれば
少しは状況(W杯の結果&中田引退)が変わってたのかも。

実際、まだW杯期間中にも関わらず、普段サッカー観ない人から
「日本代表って中田と宮本と川口と・・・あと誰だっけ?」
すでにそんなこと言われてる始末です。

中田の引退で日本サッカーが相当後退したのは間違いないです。
中田ほどの影響力を持った選手はサッカーのみの育成教育で
作られるものではありませんから。
ただこれは何も日本に限ったことではなくて世界中のチームが
今、大きな世代交代の時期に差しかかっています。
3大会もW杯に出場しチームを牽引してきた中心選手達が
同じような年代・状況にいるからです。
どこのチームも次世代の新たなリーダーを模索しています。

今後の日本代表が、不安でもあり楽しみでもありますね。
個人的希望を言うと、気持ちを体現できる選手達、
負けてたまるか!という想いをプレーに反映できる選手達で
日本代表をイチから作り直してほしい。
『冷静』なのと『冷めてる』のは明らかに違いますからね。
美しくクールなプレーで熱いゲームができる新生日本代表が
生まれることを願っています。

posted by MAK at 13:52| Comment(0) | サッカー/フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

他国との大きな壁

昨夜はホント熱い夜でした。

まずはグループEの激戦から。
この組、僕はユニコレで紹介したガーナびいきで
そっちの試合を気にしつつチェコ×イタリアを観戦。
どんどん追い込まれていくチェコは可哀想でしたが
ガーナリードの情報が入ってからは、もうこの組は
1位イタリア、2位ガーナでいいや〜って感じで
孤軍奮闘するネドベドに同情しましたね・・・。

で、孤軍奮闘といえば・・・我らが日本の中田!

玉田の先制点は非常に良かったです!正直ビックリした。
しかし・・・言うまでもなく前半ロスタイムの失点も
さる事ながら2点目を献上したあとのチーム全体の
雰囲気といったら、もう・・・(怒)

『これで負けたら終わり』だって当然、全員が
理解してたと思うんですが・・・

リードしてたときより動きが悪くなるってどういうこと?
この後に及んでなぜプレスもかけずに相手の様子見てんだ?
様子見てられる立場じゃないだろ〜〜!と。
あの状況ならあと何点失点したって進出できないんだから
せめて無我夢中で攻撃に走り回ってほしかった。

少なくとも、今大会に出場して日本と同じように崖っプチに
追い込まれたチームはもちろん、もう進出の望みがない
チームだって最後まで懸命にボールを追う姿勢に何度も
感動させられました。

・・・ところが・・・日本の選手ときたら・・・

『あぁ・・・もうダメだ』って空気が、その動きを通して
テレビ画面からイヤってほど伝わってきました。
試合放棄・・・走っていたのは中田だけです。
叫んでいたのは何度も芝をなめた川口だけです。
その中田も最後にはもう、自分ひとりの力ではこのチームは
再生できないと悟ったのか、力無いプレーが目立ちました。

世界中に大きな恥をさらした日本サッカーが、ここから
這い上がって進化していくことを心から期待しています。
W杯レベルでまともに戦えるようになるには、まだまだ
かなりの年数と経験が必要だと思いますが。
posted by MAK at 15:00| Comment(1) | サッカー/フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

面白くないサッカー

room.jpg

キレてましたね〜、中田。(動きじゃなくて感情の方です)

僕も終始イライラしながら観戦してました。
非常にマジメな、日本人らしいサッカーだったと思います。

繰り返し練習したとおりの場所でパス受けて、
きちんとトラップしてから周り見て、他の選手が定位置に動いて
そこに向けてパス、またきちんとトラップ・・・

・・・って!素人でも次の動き読めるっちゅーーに!!!

お互いに重要なこの試合、慎重になるのもわかるし
カウンター合戦になるのはわかります。
ですが、日本の場合どうも『引いて守ってる相手』に対する
イメージが定着してしまってる気がします。
『点が取れない』っていうイメージです。
決めつけてるからシュートが打てない。打たない。
カウンターが恐いし、何より『戦犯』になりたくないから
予想外の自由な動きやイマジネーションを封印していました。

高原はどこにいて何がしたかったんでしょう?
加地のクロスを柳沢はどこに蹴ろうとしたんでしょう?
ゴール前に3人もいて、なぜ誰ひとり三都主のクロスに反応しない?
得意のドリブルでDFを置き去りにいた玉田はなぜシュートしない?
小野よりバテバテの俊輔の方がマシだったんでしょうか?

守備は・・・もう言うまでもなく、世界レベルでは
全くついていけないことを証明しましたね。
これでも日本は組み合わせに恵まれてたと思います。
クロアチアのデキも酷かったんで。
もしアフリカ勢とやってたら、もっとかき回されてたでしょうし
何より体力も気力も圧倒されてたでしょうね。

終盤になると相変わらず『もうダメかも』って雰囲気が
漂うとこが日本の最も悪いとこです。
ラスト10分なんて中田までグダグダだったように見えました。
『ダメだこのチーム!もう引き分けでいいじゃん』とでも
思ってたんでしょうか?
ひとりでサッカーやってんじゃないんだから・・・。

もう『点が入る気配がしない』ゲームは見たくないです。
ブラジルとの大一番、盛り上がることは間違いないですが
盛り下げないように思いっきり日本の良さを出して
負けても『面白かった!』と言えるサッカーを見せてください!
ブラジルはこの上なく『面白い相手』なんですから。
posted by MAK at 11:22| Comment(0) | サッカー/フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

日韓

開幕から早くも一週間が経って、出場国が出揃いましたね。

ここまでで最も印象に残ってるチームは、ずばり韓国!
同じアジア圏だから、どうしても日本と比べてしまいますが
『世界』を舞台にして戦う姿勢に雲泥の差を感じました。

W杯に限った話ではないですが、サッカーでは状況に応じた
柔軟な戦略の変化が求められる局面が多いです。
今回のW杯でも終始同じような攻防しかできないチームは
敗戦してるケースが多い気がします。
実際そういうサッカーは観てるこっちも退屈ですし。

その点、韓国は先制された後の切換えが見事でした!
我を忘れてガムシャラに同じ戦法でゴールに向かうのではなく
冷静に戦況を見据えてトーゴの身体能力の高さに適応し
完全に試合そのものを韓国側の手中にしてました。

日韓で直接対決しても、それほど力の差は感じないのですが
大舞台での戦い方、気力、体力あらゆる面で負けてます。

あくまで、お互いにまだ初戦が終わったばかりですから
両国が今後どういう展開で大会に名を残すか楽しみです!
posted by MAK at 09:34| Comment(0) | サッカー/フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

いよいよ

2006ワールドカップの開幕が迫ってきました!

・・・が、現在仕事の方が怒濤の忙しさで
考えてる余裕ないです・・・(泣)
しかし、どんなに頭がマヒしてても開幕前にやらねば
ならないことが・・・

そう!『結果予想』です!

では、早速・・・

【予選リーグ】
A:1位ドイツ 2位ポーランド
B:1位イングランド 2位スウェーデン
C:1位アルゼンチン 2位コートジボアール
D:1位メキシコ 2位ポルトガル
E:1位チェコ 2位ガーナ
F:1位ブラジル 2位クロアチア
G:1位フランス 2位スイス
H:1位ウクライナ 2位スペイン

【トーナメント1】
ドイツ×スウェーデン→ドイツ勝利
ポーランド×イングランド→イングランド勝利
アルゼンチン×ポルトガル→アルゼンチン勝利
コートジボアール×メキシコ→メキシコ勝利
チェコ×クロアチア→チェコ勝利
ガーナ×ブラジル→ブラジル勝利
フランス×スペイン→スペイン勝利
スイス×ウクライナ→ウクライナ勝利

【トーナメント2】
ドイツ×アルゼンチン→アルゼンチン勝利
イングランド×メキシコ→イングランド勝利
チェコ×スペイン→チェコ勝利
ブラジル×ウクライナ→ブラジル勝利

【準決勝】
アルゼンチン×チェコ→チェコ勝利
イングランド×ブラジル→ブラジル勝利

【3位決定戦】
アルゼンチン×イングランド→イングランド勝利

【決勝】
チェコ×ブラジル→ブラジル優勝!

【得点王】
アドリアーノ


・・・いや〜(汗)。優勝、準優勝、得点王あたりを
軽く予想しようと思って始めたんですが・・・
決勝のカードを導き出すのに、つい予選から考え始めて
そのまま熱くなってドド〜と予想しちゃいました。
我ながら観てみたい対戦カードが目白押しです!
あまりサプライズなしで予想したつもりが進めていくと
チェコ準優勝・・・さすがにこれは厳しいかな?

でも、おかげで大会をより把握できたし
一時の現実逃避になりました。さぁ、仕事、仕事。
posted by MAK at 18:24| Comment(3) | サッカー/フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。