2006年07月07日

ユニコレ07

BALC06-07.jpg

バルセロナ06-07(AWAY)です。
懐かしいオレンジユニ復活♪来期も快進撃かな?

長かったW杯の戦いも残すは3位決定と決勝のみ。
日本の腑甲斐無さと南米の脱落に落胆し
ジダンの活躍と中田の引退に驚いたのが印象的です。

終演間近なW杯を横目に世界のクラブチームは次シーズンに向けて
動きが活発になってくる頃ですね。

特にその動向が気になるのがイタリア・セリエAの処分。
ビッグクラブが揃って報道どおりの処分を受けるとなると
所属選手たちの身のふり方に注目です。

すでに決定してる大型移籍も面白そうですね♪
アーセナルにロシツキー。
残留を決めたアンリとのコンビネーションは?
今年のチャンピオンズリーグ決勝の雪辱を晴らせるか?
バレンシアにモリエンテス。
代表落ちの汚名を覆し、もうひと花咲かせることができるか?
ビジャレアルにピレス。
まだまだ活躍できそう。バルサを王座から引きずり落とせるか?

・・・等々、まだまだ移籍市場は動きそう。
W杯で活躍した選手たちのプレーも楽しみです♪
posted by MAK at 15:04| Comment(0) | ユニフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

ユニコレ06

arze.jpg

御存じ、先日大暴れしたアルゼンチン(AWAY)です。
(前記事で部屋に飾ってんのが見えてますね)
セルビアとの一戦を観た明くる日に衝動買いしました(笑)

言い訳するつもりはないですが・・・
もしアディダスモデルを一点選択しろといわれたら
アルゼンチン(AWAY)だろうな〜と前々から気には
なってたんですよ。(いや、ホントに)
ただ、以前ユニフォーム評価でも語ったとおり
今シーズンのアディダスはいまいちかな〜と思ってたんです。

実際、ミーハーな勢いでコレに袖を通したわけですが
着心地がかなりイイ感じです♪
いろいろとパーツが多いわりに軽い!
そして生地感がかなりしなやか!やわらかいです。
フットサルに着て行ってプレーしてみましたが
汗で重くなることもなく動きやすくて快適でした♪

『アディダスいまいち』発言は撤回いたしま〜す・・・。
posted by MAK at 18:08| Comment(2) | ユニフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

ユニコレ05

02-03kaiser.jpg

日本にとって大事な大事なW杯初戦、
『日本×オーストラリア』が行われる会場でもある
カイザースラウテルンの02-03年ホームユニです。
これは胸のスポンサーロゴにひと目惚れして購入しました。

ドイツ産のデザインは全体的に堅いイメージもありますが
カッチリしててカッコイイんで個人的には好きです。
たまたま今の会社の社長もドイツデザイン好きで、現地の
デザインの本(けっこう高価)を定期購読してるんで
毎月送られてきます。(タダで拝見できるんでラッキー♪)
文面の方はサッパリ理解できませんが、掲載されてる
デザインは最新のモノばかりで、現地の旬のデザインが
見られるし、やっぱりカッコイイんで目の保養になります。

実際、ドイツ代表のユニフォームも毎回シンプルで
カッコイイですよね。
アディダスとプーマの創業者はドイツ人の兄弟であることは
けっこう有名な話ですが、そういう面から見ても
ドイツとサッカーの繋がりは奥が深くて、東西統一後
初の開催国となったドイツ代表がどこまで勝ち進むか
いろんな意味で楽しみです♪
posted by MAK at 10:51| Comment(0) | ユニフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

ユニコレ04

gana.jpg

昨日の午後、W杯衝動買いユニ第2弾
『ガーナ代表(H)♯10アッピアー』が届きました!

白色なんでポーランド以上にシンプルですが
国旗をモチーフにした星の透かしがカッコイイ♪

マニアックな話になりますが、同じプーマユニでも
ポーランドはルーマニア製、ガーナはトルコ製で
それぞれ若干作りが違ってました。
同じポリエステル素材ですが、ガーナの方が
少し厚手で素材感がしっとりしてる感じです。

これほど短いスパンで、しかも同じメーカーの
ユニフォームを衝動買いしたことなかったんで
比べてみると面白いですね。

開幕間近な今でも、まだまだ欲しいユニがあるのに
開幕して様々なチームの活躍を観たりしたら・・・

どんどん新たな欲求が芽生えてきそうで恐いです。
posted by MAK at 14:03| Comment(0) | ユニフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

ユニフォームデザイン

今朝のドイツ戦で柳沢のユニフォームが引っ張られて
祭りのハッピ状態になってましたね・・・。
(ナベさん、ネタ振りサンキューです♪)

4年前の日韓大会の時も直前の親善試合で
アディダスユニフォームの脇腹のメッシュ部分が
競り合いでビリビリに裂けていたのを思い出しましたが
首から前面がごっそり裂けたのはさすがに初めて見ました。

アディダスと言えば『W杯の顔』的なスポンサーメーカー
なので、ユニフォームがハデに破れるというのは決して
良いイメージとは言えないでしょうね。

ところで、今回のW杯出場32ヵ国が採用している
ユニフォームメーカーを見ていくと面白いことに
プーマ製が12ヵ国を占めて1位です。
世界的なスター選手が多く着用している
アディダスは実は6ヵ国で3位。2位はナイキで8ヵ国です。
プーマユニは個人的にも今ハマってるんで本大会で
より多く見られるのは嬉しいことです。
(アンブロも好きなんですが今回は2ヵ国のみ・・・)

プーマの最新モデルは非常にシンプルなのが特徴で
各国エンブレムと全面にあしらわれた透かしがなければ
パッと見、ただのTシャツと言われてもおかしくないです。
(その割にレプリカの値段高いし・・・)
どの国も形状は同一の色違いなので、地味で面白味がない
という人もいそうですが、むしろ僕はその飾り気の無さに
魅力を感じますね。
アフリカ各国を押さえてるだけあって、黒人選手が
着ている姿は抜群にカッコイイ!

ナイキも一応好きなメーカーなんですが今シーズンの
モデルはレトロ感ねらい過ぎて微妙に外してる感じが
するので、ちょっといただけないかな?

アディダスは毎回、新時代の先端を行こうとしてる
雰囲気がデザインに表れてますよね。
見た目の新鮮さでは断トツだと思いますが・・・
複雑なデザインを各国の色に落とし込んでるせいか
国によって善し悪しの差が激しい気がします。


・・・と、まぁ、主観的にいろいろと評価しましたが
代表、クラブチームに限らずニューモデルが出ると
ワクワクしながら実物を見にショップへ行くのが
毎シーズンの楽しみなのです♪
posted by MAK at 15:30| Comment(0) | ユニフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。